利息制限法について

利息制限法とは、貸金業者に対して融資利息の上限を定める規定を指します。

利息制限法で定められている利息の上限は、
融資額によって細かく定められています。

元本10万円未満⇒20%未満
元本100万円未満⇒18%未満
元本100万円以上⇒20%未満
2007年現在、上記のように定められています。
融資 早い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。